実録いじめとその後

実録いじめとその後実録いじめとその後

実録いじめとその後

ここでは私の子供がいじめに遭ったことを書いていきます。

  • いじめが発覚したときのこと
  • 加害生徒と保護者・教師・保護者(私たち夫婦)のこと
  • いじめが発覚して以降のこと

 

本当は書くべきではないだろうと思っていました。

もし書くとしても子供が卒業してからの方が良いだろうとも思っていました。

 

でも

 

  • いじめられていた私の子供の様子や態度
  • 一部の教師の態度
  • 加害生徒とその親の態度

 

だんだんと黙っているべきではないと思うようになり

ここに書いていこうと思うようになりました。

まだ在学中ですし、私の子供への影響も考えて名前などについてはぼかしたり伏せて書いていきます。

それでも近隣にお住まいの方などは「これはあの時の一件だ」とか「本当はこんなことが起こっていたんだ」「こんなことがあったのに・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし先ほども書いた通りまだ子供は在学中ですから、個人名や学校名のほか、さまざまな施設の名称などについてはすべて伏せさせていただきます。

 

でも

その後の教師やいじめた側の態度や出方によっては・・・

 

 

実録いじめとその後

006 水泳部顧問の言動に怒りを通り越して感情が抜け落ちてしまった

被害者より加害者の都合を優先させる水泳部顧問 1月10日の続き 太郎と私たち夫婦の3人で夕方に高校を訪れました。 実はこの訪れた時間についても不信感が募ることがありまして・・・ 水泳部顧問が我が家から学校...
実録いじめとその後

005 水泳部顧問にとっていじめられた生徒の心情はどうでもよい

加害者を助けるのに必死な水泳部顧問 9日は学校へ行き、いじめに遭っていたこと、加害者はTだということ、そして太郎は死を選び〇〇駅の個室トイレ内で手首を切ったことなどを話し、そして書類に太郎自身がその概要を書きました。 ふつうならば太...
実録いじめとその後

004 水泳部顧問はいじめの加害者を守るために必死になった

学校へいじめがあったことを報告 2020年1月9日 太郎がいじめに遭っていたことを告白しました。 さらに最初にいなくなった日に手首を切って自殺を図ったこと、そしていじめの加害者はTだということも。 学校に...
実録いじめとその後

003 学校へ行くのが怖かった・・・

暴風警報で休校 2020年1月8日は暴風警報の発令で学校はお休みでした。 2日前は学校へ行かず警察のお世話にもなるほどの大騒動、昨日は妻と二人で学校へ行っていろいろと言われるもクラスへは入っていけず。 でも夕方からのス...
実録いじめとその後

002 推薦入学なのだからマネージャーとしてでも部に残れ

かなりきつく感じた言葉 行方不明事件を起こした太郎は、翌2020年1月7日に妻と二人で高校へ行きました。 通常の登校時間より30分ほど遅らせることで、他の生徒の目につきにくいようにしました。 高校へ行くと応接室へ通され...
実録いじめとその後

001 すべては一本の電話から

息子へのいじめが発覚するきっかけは学校からの電話でした 2020年1月6日朝10時30分ごろに家の電話の着信音が鳴り響きました。 家の電話への着信の大半は“0120”ではじまる番号ばかりだったのですが、電話機のディスプレイに...
タイトルとURLをコピーしました