いじめ

いじめいじめ

いじめ

本当にいやな言葉です。

ここではテレビ・新聞・ネットニュースなどで報じられた「いじめ」問題について、主観的に考えたことを綴っていきます。
私の主観で綴りますので、共感される方もいれば違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
でもこんな考え方もあるんだなと思いながら読んでいただければ幸いです。

各記事には実際に体験したことなども交えながら書き綴っています。

いじめ

いじめは親や学校によって助長される

今でもこんな小学校が存在する “眼前の「殴る蹴る」を担任が放置。葛飾区小学校「学級崩壊」の惨状”という記事をまぐまぐニュースで見つけました。 記事を詳しくお読みになりたい方は下記からお進みください。 ...
いじめ

「たった一度のことやろ」いじめ発覚後の教師の言葉

いじめ発覚後の対応 いじめが発覚してからの学校・教師の対応によっては、不登校の期間が長引いたり精神の不安定さが増すことがあります。 もちろんいじめをいかに早期に発見し対処できるかが大切ですし、そうすることで大切な命を救うこと...
いじめ

いじめられていることを察知するのは難しい 後のフォローはもっと難しい

スマホと小学生 2020年10月22~23日付の各新聞で一斉に取り上げられている、いじめの認知件数が過去最多の61万件に上ったという報道。 文部科学省が毎年10月に、前年度に学校がいじめがあったとと認知して報告した数...
いじめ

いじめについて文科省の発表がありました-2

「けんか」や「ふざけ合い」といった「ささいなけんか」についても報告するように求めたために、過去最多の323808件と2015年度に比べて98676件も増加したいじめ。 あくまで学校側による認知件数ですし、全くいじめを認知していない学校...
いじめ

いじめについて文科省の発表がありました-1

10月26日に2016年度に認知したいじめの件数が文科省から発表され、翌朝の新聞各紙で一斉に報じられました。 2015年度に比べて98676件増えて323808件だったそうです。 ただこの中には「けんか」や「ふざけ合い」もいじめ...
タイトルとURLをコピーしました