009 学校へ行くより死を選んだ息子がわずか2週間で登校を再開したが

 

もう学校への復帰は無理だろうと思っていた

2020年1月16日に理事長あてに太郎の自筆の嘆願書と私が書いた添え文を送り、送付したことを確認後は一切連絡をしてこなくなった水泳部顧問。

このことだけでも水泳部顧問がいじめ加害者に寄り添い、被害者である太郎のことなんて何も考えていないことがよくわかります。

ただ水泳部顧問から連絡が一切ないというのは、太郎にとっても私たち夫婦にとっても心が少しは安らぐものとなりました。

 

 

しかし顔は蒼白で視点が定まらない太郎の状態を見る限りでは、とてもではないけど高校生活をこのまま続けていくのは無理ではないか。

しばらく休んでそのまま退学し、良くて通信制高校へ編入学。

でも私も妻も太郎は今後このまま視点が定まらない状態のまま、ずっと部屋の中で過ごすようになるのではないか。

そんな気がしていました。

 

この時すでにいじめの直接の加害者であるA以上に、水泳部顧問に対する恐怖心や憎悪などがはるかに上回っており、そんな教師がいる学校への復帰はとてもじゃないけど無理だろうと感じてもいました。

 

この時に思っていたのは

 

ただただ太郎がふつうの生活を送ることができるようになれば・・・

 

ただそれだけでした。

 

 

わずか2週間で登校を再開した

水泳のスポーツ推薦で入学した高校。

太郎以外はみな全国大会に名を連ねる選手ばかり。

そんな男子の選手の中で、太郎のことを昔から知っている選手(同級生)がいました。

T君とは幼稚園が同じで、遠足の時に2ショットで撮った写真が家に残されています。

そして妻とT君の母は幼稚園で同じ時期にPTAの役員をしていたらしい。

ただ小学校や中学校は別だったので、太郎も妻も連絡を取り合う仲ではなかったようです。

そんなT君の母はいろいろと気遣ってくれて、今回の事件発覚以降は頻繁に妻にメッセージを送ってくれていたようです。

妻もT君の母に対して、水泳部顧問から執拗に嘆願書を書くように迫られていることは伝えていたようです。

 

来週は水泳部顧問は学校には来ないみたい、海外遠征にコーチとして帯同するみたい

 

うちの子が太郎君をすごく心配していて

もし学校へ行くのならば家まで迎えに行くと言っているし

上級生も含めて水泳部員はみんな心配していて

みんなで太郎君をバックアップしていくからと言っています

 

T君の母がT君から聞いた情報として妻に伝えたようです。

 

 

「来週は水泳部顧問は海外に行っているから学校にはいないらしいよ」

 

妻が太郎に伝えたところ

 

「じゃあ行こうかな・・・」

 

なんと学校へ行ってもよいような口調です。

そして太郎自身が、同じスイミングに通っていた一つ年上の先輩に連絡をして、学校へ行くから一緒に行ってほしいと願い出たのでした。

ただ我が家とはかなり離れているために、学校最寄り駅から一緒に登校することにして、学校最寄り駅までは妻が付いて行くことになりました。

 

自殺を図ったのが2020年1月6日

そして登校を再開したのが2020年1月21日

わずか2週間ほどで登校を再開したのです。

 

水泳部顧問が学校にいないと分かったから・・・

 

 

クラス担任もいじめ加害者側に付くようだ

2020年1月21日(火)

まさか本当にこれほど早く登校できるようになるとは思っていなかった。

T君をはじめ同じクラスの水泳部員たちが太郎を気遣い、少しでも輪に入って来やすいように声を掛けてくれたようです。

 

ただしクラス担任は別でした。

 

登校を再開した当日に太郎に今後のことをいろいろと聞いてくるクラス担任。

その中で太郎は、勉強をもっと頑張っていきたいと答えたようです。

推薦組クラスの中では1~2位の成績を常にとっていましたから。

それに鬼畜な水泳部顧問が率いる水泳部で水泳を頑張るよりは、勉強を頑張るほうがはるかにマシ。

また水泳をこの先も続けるとしても、水泳部ではなくこれまで通りスイミングスクールでも良いわけですし。

 

 

太郎の返答に対してクラス担任は、それならば理系進学クラスに替わるほうが良いだろうと答えたそうです。

推薦組クラスと文系クラスは隣り合っていて、体育や音楽など一部の授業を一緒に受けることがあるからだとは思いますが、理系進学クラスと推薦組クラスは一緒に授業を受けることはない。

それってあくまでいじめ加害者のAが学校にそして推薦組クラスに残る前提での話ではないのかな。

太郎が推薦組クラスを離れるとして、その行き先が文系クラスではなく理系進学クラスというのは、いじめ加害者との接触を避けるため以外に理由は見つからない。

またこの高校の理系進学クラスは東大や京大などいわゆる旧帝大への進学を狙うコースで、さすがに太郎がそんな授業に付いて行くのは難しい。

Aが退学になれば太郎は推薦組クラスでも文系クラスに移っても問題ないわけです。

クラス担任もAが退学にならない前提で太郎に話をしてきているのかな。

 

 

今後どのような方向性を望んでいるのかを書いて、明日(1月22日)提出するようにと言われた太郎。

私は太郎に

「スイミングスクールへ今後も通うつもりならば、推薦組クラスの方が時間的な都合が付けやすいし、試合へ出るにしても公欠扱いになるからそのままのほうが良いかもしれないね」

とアドバイス。

太郎もその意見を聞き入れて次のように書きました。

 

僕はAくんと同じクラスになるのはしんどいです。
でも退学になってほしいとも思っていません。
学校では、2年生から他のクラスへ行きたいと言いましたが
スイミングで活動するのなら、推薦入学クラスのほうが良いと思うので
2年生からも推薦入学クラスにいたいです。

 

この日の夜、クラス担任から家に電話があり、太郎は2年生からは勉強を頑張るために理系進学クラスに替わりたいと言っていると告げられた。

理系進学クラスの話は太郎から出た話のようにクラス担任に言われたが、太郎の話では今まで以上に勉強に頑張りたいと言っただけのはずなのだが・・・

 

 

クラス担任も水泳部顧問と同じ穴のむじな

 

2020年1月22日(水)

家で書いた紙をクラス担任に提出。

すると夕方になってまたクラス担任から家に電話がかかってきた。

 

「昨日(1月21日)学校で聞いた話と内容が違うのですが?」

 

ふつうの状態であっても1日や2日では考えがまとまっておらず、思いや考えが変わることは特に不思議な事ではないだろう。

太郎は今はふつうな状態ではない、登校を再開して1日2日なのだが・・・

と思いつつクラス担任には

「今はまだ太郎に学校のことをあれこれ聞ける状態ではないので、学校での発言や提出した文書の内容は知りません」

と答えました。

 

2020年1月23日(木)

夜にクラス担任から電話があり次のようなことを言われた。

明日24日にAに対する気持ちを太郎に聞きます

スポーツ推薦組クラスにいる限り水泳の成績を重視するし、2・3年生になれば学園側も厳しく見ていきます

お父様はもっと太郎から水泳のことや学校のことを聞いてあげてください

 

Aに対する気持ちなんて昨日(22日)太郎は書面に書いて提出したはずだ。

スポーツ推薦で入学した以上はスポーツの成績を重視することはわかるが、それをいま伝えてくる必要があるのだろうか。

普段は太郎と積極的に話をしているが、まだ登校を再開したばかりだし今はそっと見守る時期だと思うのだが。

 

 

ほぼ水泳部顧問の考えに沿ってこのクラス担任も発言しているのだなと思いました。

自殺を図ったのにたった2週間で学校に復帰できただけで大変なことだと思っているのに、登校を再開してすぐにいじめ加害者Aが退学にならずに学校に残ったケースの話ばかりしてくる。

 

クラス担任も女子ソフトテニス部の顧問で、選手はすべてスポーツ推薦で入学した生徒のみ。

水泳部顧問もクラス担任も結局は同じ立場だから、同じ立場同士でかばいあうということなのか。

いわゆる同じ穴のむじなというやつか。

 

いまはそっと支えてあげる時期だということが分からないのか?

学校へ行くより命を絶つ方がマシだと自殺を図ったんだぞ

そんな子が2週間ほどで登校しだしたのだぞ

なぜ立ち直ろうとしている生徒を追い詰めることばかりするのか

水泳で速い生徒がそんなに大事なのか?

たいして速くはない生徒をそんなに切り捨てたいのか?

 

私はクラス担任とのやりとりでこのような思いを抱いたのです。

しかし

翌24日はもっとひどい仕打ちが太郎を待っているのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました