2021-12

実録いじめとその後

037 いじめを受けた本人も保護者も迷路の中を彷徨い歩いているよう

自分の心を守るためにキレるようになった 人間だれしも揶揄われたりからかわれたりバカにされれば怒って当然です。 ただその怒り方や表現は千差万別で、激しい口調で言い返す人もいれば、ただ黙って耐えて聞くタイプの人もいま...
実録いじめとその後

036 いじめ加害者は自由に生き、いじめ被害者は引きずって生きる

登校前に無口になっていた理由 2年生の3学期の始業式も無事に学校へ行くことができるなど、ちょうど1年前の1月6日とは正反対なスタートとなりました。 一年前はいじめ加害者のAや水泳部顧問のいじめ・恫喝・暴言・圧力な...
実録いじめとその後

035 いじめが発覚して一年 一向に消えなモヤモヤ感

表面上はいつものお正月と同じだけど 我が家の新年は毎年同じパターンで、元旦か二日に妻の実家へ行って新年のあいさつを兼ねてお食事を呼ばれます。 太郎は2日か3日からスイミングで練習が始まるので、独立した太郎の兄たちとの食事...
実録いじめとその後

034 水泳部が廃部や顧問が異動しなかった理由といじめ被害者の心の傷

水泳部顧問が学校に残った理由 太郎へのいじめ問題が発覚し、私が理事長あてに抗議の文書を送って以降はよく動かれていた校長。 2020年3月4日に行われた教師の側からの謝罪(言い訳)面談の時も、校長らしく?場...
2022.03.08
実録いじめとその後

033 水泳部顧問の新たな圧力に対して抗議文を送ったが本人は一切無視

研修旅行(修学旅行) 少し時間は戻りますが、太郎が通う学校では2020年10月20日から23日まで東京への研修旅行が実施されました。 新型コロナ感染リスクも心配でしたし、それ以上に新しいクラスの人とコミュニケーシ...
実録いじめとその後

032 劣等感が消え始めても水泳部顧問の圧力で恐怖感が生み出される

いじめ問題など何も知らされていない担任 太郎が通う高校では少しずつ登校しての授業を増やしていき、2020年6月22日からはほぼ時間割通りの態勢となりました。 ※登校時間は通常より1時間遅い 妻は6月19日ま...
実録いじめとその後

031 水泳部顧問の一言でさらに怒りが込み上げてきた

緊急事態宣言が解除されて登校も徐々に再開 2020年5月21日に私が居住している地域に発出されていた緊急事態宣言が解除され、翌週から各学年ごとに週に一回の登校が再開されました。 太郎の学年は5月28日が再開後最初の登校日...
実録いじめとその後

030 いじめによって心が過敏になり冗談が一切通じなくなった息子

冗談が一切通用しなくなった息子 2年生の新学期は緊急事態宣言に関係でオンライン授業。 太郎はたまにサボることはあるけれど、おおむね授業に参加できているようです。 またスイミングスクールが休講となっていること...
実録いじめとその後

029 息子を追い詰めた教師の姿を画面越しで見て硬直する息子

兄のことが好きだから 太郎の2つ上の兄は4月から義母の家に居候して会社へ通うことになっていて、二人でベッタリいられるのも残り少なくなってきた春休み。 通勤で使用する車は義母の家に置いているので、運転の練習と称しては2~3...
実録いじめとその後

028 不登校を咎めてはいけない、無理に行かせてはいけない

臨時休校 新型コロナの蔓延防止のために、2020年2月28日に3月2日から春休みに入るまで臨時休校とするように政府が各都道府県に要請し、太郎が通う高校では同じ市内の公立高校に準じて3月3日から春休みまでの期間は臨時休校。 ...
タイトルとURLをコピーしました