005 いじめ被害者よりもいじめ加害者の復帰が大事

 

加害者を助けるのに必死な水泳部顧問

2020年1月9日は学校へ行き、太郎がいじめに遭っていたこと、加害者は同じクラスで水泳部員のAだということ、そして太郎は死を選び駅の個室トイレ内で手首を切ったことなどをクラス担任や水泳部顧問に話し、そして太郎自身がその概要を紙片に書きました。

ふつうならば太郎のことを思って今後の学校側のサポート体制のことなど、とにかく太郎を安心させる言葉を投げかけてくるのがふつうだと思っていました。

 

でも水泳部顧問は違っていました。

加害者Aが退学処分にならないようにするために、太郎や私たち夫婦に対して嘆願書を書いてほしいという言葉ばかり。

 

その言葉からは

水泳で好成績を残すAは退学されては困るし、水泳部に残ることが当然である。

水泳部の成績の低下を避けたいのと、自身がスカウトしてきた生徒が退学処分を受けることで、自身の学校での地位や名誉が低下することを避けたいとの思惑が見え見えでした。

また太郎も水泳部顧問自身がスカウトはしてきたものの、Aに比べれば明らかに水泳での成績は下であることと、太郎が学校を辞める場合は自主退学となるので自身の地位や名誉にはまったく影響しない。

だから被害者である太郎のことよりも、加害者であるAを何とかして助けたい。

その一心での言動としか思えませんでした。

 

 

2020年1月10日(金)

朝9時ごろに自宅の電話が鳴る。

電話は水泳部顧問からだった。

今日我が家に伺いたいとの電話でした。

 

私や妻も正直言って疲れ切っていましたが、太郎は私たちの比ではないほど憔悴しきっています。

ただ電話の内容を聞いていると、今後の高校側の対応などについて話をしたいとのことでしたので、太郎の了解を得て承諾しました。

 

でもやっぱりこの水泳部顧問は太郎のことなどどうでも良かったようです。

 

 

いじめ被害者を追い詰めていく水泳部顧問

我が家を訪れてきた水泳部顧問は太郎に

「少しは落ち着いたか?」

と話しかけてきました。

 

そして

「昨日も申しましたが、ぜひAを助けるためだと思って嘆願書を書いていただけませんでしょうか」

 

 

なぜ太郎や私たち夫婦が、太郎をここまで追い詰めて苦しませてきた相手を助ける必要があるのだ?

だが水泳部顧問の気迫というか圧力は半端なものではなく、太郎や私たち夫婦をどんどん追い詰めていく。

 

 

「嘆願書を早く書いていただかないとAの処分が決まりませんし、太郎だって時間をかければかけるほど転入や転校が難しくなっていく。もう1月ですから春から新しくスタートするにしても、手続き上あまり時間がありません」

 

 

Aの処分がどうなるのかは太郎や私たち夫婦には関係がなく、あくまで学校側が決めること。

もともとこの学校の校則ではいじめ加害者は退学と決まっています。

この時点で分かっていることを総合的に判断した場合、いじめ加害者を許そうという気持ちになるわけがない。

それよりも、なぜ太郎が学校を替わる前提で話をしているんだ?

 

 

「いじめが原因だとしても、このまま休んでいれば出席日数が足りなくなって進級できなくなるよ!このまま休み続ければ転校や編入学にも支障をきたすから、週明けからは登校しなさい!」

 

 

まだ数日しか休んでいないし、自殺を図った人間に対して今そんなことを切り出す場合なのか?

それに誰が今通っている高校を辞めて他の学校に転校や編入するといった?

転校や編入学に支障をきたすって、結局は太郎を高校から追い出したいだけなのか!

 

 

 

「AとAのご両親が謝罪がしたいと申し出てきています。できるだけ早く謝罪を受けてもらえないでしょうか?」

そして

「今日でもかまいません、こちらにお邪魔させていただいてぜひ謝罪を受けてください。謝罪を受けていただけなければ処分も決まりませんから!」

 

 

今後の高校側の対応を話すと言っていたけど、それはあくまでいじめ加害者Aへの対応のことで、いじめ被害者である太郎のことではなかった。

学校に復帰するためといった話は一切なく、転校・編入学つまりは現在通っている高校を辞めるという前提で話をしただけ。

太郎は顔が真っ青になっていて、目の焦点がどこにも合っていないようだった。

 

 

そんな太郎に対して水泳部顧問は

「太郎!今日AとAのお父さんやお母さんに会って謝罪を受けてくれ」

すると太郎は

「わかりました・・・今日・・・会います・・・」

 

明らかに目がうつろになって焦点が合っていない太郎に

「太郎の都合に合わせればいい、先生やAに合わせる必要はない」

と私は何度も言ったのですが

「今日でいい・・・」

 

 

しかし我が家にAやAの家族を入れることは断った。

そこで学校でセッティングするように水泳部顧問に申し入れ、夕方に出向くことになった。

 

 

水泳部顧問は帰り際に

「あと何日休むと出席日数が足りなくなって留年となるのかは調べて知らせします」

と言った。

 

 

水泳部顧問が帰った後、太郎を見るとあきらかに目の焦点が合っていない。

ひょっとしてと思いおでこを触るとかなり熱くなっていた。

体温を測ると38℃を超える熱があった。

「しんどいのだから断るよ」

と言ったのだが

「今日でいい・・・」

 

その言葉に続けて太郎は

「どうせ会わなあかんのやったら、早く終わらせてしまおう・・・」

 

まるで太郎が校則違反や悪いことをしたための仕打ちを受けているようにしか思えませんでした。

私と妻は一方的に上から話をする水泳部顧問の威圧感に負けていて、ものすごい恐怖感を感じていました。

いじめの被害に遭った太郎とその親って、これほどつらい目にあう必要があるのか。

でもこの時はその理不尽さ以上に水泳部顧問の威圧感に負けていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました