004 水泳部顧問はいじめの加害者を守るために必死になった

 

学校へいじめがあったことを報告

 

2020年1月9日(木)

太郎がいじめに遭っていたことを告白しました。

さらに最初にいなくなった日に手首を切って自殺を図ったこと、そしていじめの加害者は同じ水泳部員で同級生のAだということも。

 

 

学校にはこの日も登校せずに隠れていたことを連絡していたのですが、いじめの実態を告白してくれたので再び電話しました。

ただ電話では誰にいじめられていたのかということや、手首を切ったことは話しませんでした。

横で太郎が聞いていましたし、電話で話すようなことでもないだろうと思ったからです。

そしていまからすぐに学校へ向かうことを伝え、私と妻と太郎の3人で学校へ出向きました。

 

 

 

学校に着くと大きな応接室へ通され、向かい側にはクラス担任と水泳部顧問が座りました。

いじめがあったことは伝えているのですが、それほど真剣な顔をしていない水泳部顧問に比べクラス担任は少し顔が引きつっているように見受けられました。

 

太郎がいたクラスはスポーツなどの推薦入学者のみで構成されているクラスで、他のクラスとの交流は極めて少ない。

同じ学年とは言えどもまったく世界が違うというか、実質的には別の学校、そんなクラスでした。

担任が引きつったような顔をしているのに対して、水泳部顧問はなぜそれほど真剣な顔をしていなかったのか。

いじめはクラス内の問題で水泳部とは何の関係もないとでも思っていたのでしょうか。

 

 

どのようないじめだったのかを口頭と書面で説明させられた

 

「先日に引き続いてまた無断欠席したことをお詫びします」

とまずは私が謝罪しました。

2人の教師は黙ったままでした。

 

「今回なぜ失踪に近い形で無断欠席したのかというと、いじめに遭っていたからです」

まだ2人の教師は黙っています。

 

 

「いじめの加害者は、同じクラスのA君です」

 

 

2人の教師の顔が引きつる様子が分かりました。

 

「この学校ではいじめの加害者は原則的に退学となりますが、太郎からの申告に基づいてAの聞き取りを行い、その上で判断することになります」

このクラス担任の言葉が終わるか終わらないかのタイミングで水泳部顧問は

「そうは言っても1年生の水泳部員全員で一緒に卒業してほしいと願っているし、できればそういうことを一筆書いてもらえば・・・」

この時の水泳部顧問の言った言葉の意味が私には理解できませんでした。

 

 

「それと先日失踪していた際、〇〇駅のトイレ内で太郎は手首を切り死のうとしていました」

 

そう言って太郎の右手首を2人の教師に見えるように突き出しました。

クラス担任は目を見開くように太郎の手首を見ましたが、水泳部顧問はチラッと見た程度です。

そのあと続いて私がどのようないじめがあったのかを説明しましたが、水泳部顧問は太郎本人がいじめの実態を話すように促し、太郎は消え入りそうな小声で話しました。

 

  • なんでこんなに遅いのに推薦入学で入れたんや
  • (水泳部顧問の)先生にいくら渡して入ったんや
  • 専門外の選手より遅いって終わってるな
  • 水泳はセンスや、お前にはセンスがない

試合の当日に試合会場だったり、学校の帰りに言われていた。
同じクラスの水泳部員数人で並んで帰る際、僕だけを後ろに引っ張りこんなことを言われていた。
A君と2人きりになるのが本当に嫌だった。

 

太郎が話したあと水泳部顧問は

「まずは心療内科や精神科へ通うことからはじめよう。私も大学時代にタイムが伸びずに自暴自棄になった時期があり、心療内科へ通ってずいぶん楽になったから。話を聞いてもらうだけで楽になるから」

水泳部顧問の話からは、太郎が手首を切ったことは精神疾患によるものと言いたかったのか。

まるで太郎が病気にかかっていて、その治療をまずはおこなえと言われているようにしか思えませんでした。

 

 

クラス担任は応接室から出ていき、授業中のAを生徒指導室へ呼び寄せたようです。

水泳部顧問は太郎に向かって何があったのかを書面に書くように言い、私と妻には別の部屋へ移動するようにと言ってきました。

私と妻がいると太郎が本当のことを書けないから、そんなことを言っていました。

 

 

6,7月

(6月1日の試合)→総体前の試合でA君が100mFlyに出ていて、その後に「S1じゃない人に
負けるクズ」とのようなことを言われた。その後にも同じ事を何度も言われた。

9月/1
夏休み明けにみんながインターハイの話をしていて、こちらに気づくと
そのときの話をしてきて、最後に「あっ、お前は出てなかったんか」。

9月以降
2人で教室の後ろの方で話をしていたときに、スポーツすいせんに話になって、
「太郎はスポーすいせんやんな」と聞かれ、そうだと答えると
「うそつけ、〇〇先生に金渡して、無理矢理入れてもらったんやろ」
と言われた。

・A君が、欠点を取ったときにそれを言ったらおさまってくれると思い
言うと、その時にも一番最初に書いたことと同様のことを言われた。
(すいせんで入っるかり点悪いことより、S1じゃないやつに負けるほうがおかしい)

・学校や試合でよく話しかけられて、その度に何か言われるのではないかと
思った。

・これらは、学校の帰り道に言われることが多かった。

←こんな感じで並ぶことがあって後ろ側で言われた。

1月6日始業式
学校に行くのが怖くて無断で休んだ。そのときは死ぬのが
あまり怖くなくて。午後3時半頃に〇〇駅のトイレの中ではさみで
手首を切って死のうと思った。切ったときに、血がたくさん出てきたが
イタみもあまり無かった。

2020年1月9日 〇〇太郎

 

私と妻は2人きりの隣の小さな応接室でたわいのない話をしていました。

まだ現実のものとして受け止められておらず、どこか他人事ひとごとのような感覚に包まれていました。

なんて言うのかな、体がふわふわと浮いているような感じです。

 

 

しばらくするとクラス担任が私と妻のいる部屋に入ってきて、いじめ加害者Aや太郎の様子などを少し話した後すぐに出ていきました。

私たちが部屋を移動していた間に、太郎が書いた書面を机の上に置いたまま。

 

私は太郎が書いた書面を写メしました(さすがに公開は・・・)

上記のものは写メした書面を書き起こした(氏名と駅名以外は原文のまま)ものです。

 

 

しばらくして戻ってきたクラス担任が、書面を生徒指導部の教師やAのいる生徒指導室へ持って行きました。

その後に太郎は私と妻のいる部屋へ移動してきました。

太郎は血の気が引いたような蒼白の顔色をしていて目はうつろ、そしてどこか落ち着きがないように感じました。

私と妻がいない広い応接室で太郎は、ただあの文章を書いただけだったのだろうか。

それとも水泳部顧問に何か言われたのだろうか。

 

 

いじめ加害者の名前を聞いてからの水泳部顧問の言動

私と妻と太郎、そして水泳部顧問の4人だけになったときに

「このままではAは退学処分になってしまう、嘆願書を書いてください!」

と水泳部顧問に言われたのですが、その時私は本当に嘆願書って何なのか分かりませんでした。

さらに水泳部顧問は

「太郎はAがいたらこの学校に登校しにくいかもしれないが、転入学とか編入の手続きを取れば新しい学校でスタートできる!Aも嘆願書があれば退学にならずにもう一度この学校でやり直せるから・・・」

 

嘆願書っていじめ加害者のAが退学にならないように、私や妻そして太郎がお願いする文書ってこと?

いじめがあったとことや加害者の名前、そして1月6日の失踪時に〇〇駅のトイレ内で自殺を図ったことが分かったのは今朝。

そしてお昼前に学校に3人で来て事情を説明したり、太郎は自筆で何があったのかを書かされたところです。

なのにいきなり嘆願書を書いてくださいってどういうことだ?

 

太郎と保護者である私たちの目の前で平然と、加害者を擁護すると言ってのけた水泳部顧問。

さらにいろいろなことを言われたはずなのですが、私は頭の中で今起こっていることを理解することができず、何を言われたのか記憶がありません。

妻も同じ状態だったのかどこか一点を見つめているだけでした。

そして太郎は一筋の涙を流していました。

 

 

 

私たちがそんな状態の時に生徒指導部長とクラス担任がやってきました。

「Aはすべてを認めたわけではなく一部相違はあるみたいなのですが、おおむね太郎が書いたことで間違いないとのことです。本人がおおむね認めていますので、あとは生徒指導部や校長などによる会議によって処分が決定されます」

 

クラス担任はそう告げるとすぐに出ていき、間髪を入れずに水泳部顧問が

「とにかく時間がないから嘆願書を早く書いてください。このままでは週明けには退学が決定してしまいます」

そして横に立っていた生徒指導部長に向かって

「嘆願書があれば退学は回避できますよね?」

それに対して生徒指導部長は

「うーん、絶対ではないけど・・・五分五分というところかもしれないが・・・学園長や理事長の判断しだいだけど・・・」

生徒指導部長の返事を確認すると水泳部顧問はまた私たちに向かって

「Aの将来がかかっています。せっかく一緒に入学したのだからいっしょに卒業してもらいたい。とにかく早く嘆願書をお願いします!」

さらには

「水泳部を辞めて推薦クラスから一般のクラスへ変わって勉強を頑張ることもできます、とにかく嘆願書を!」

 

 

 

 

1月7日の水泳部顧問の発言では

「推薦で入学している以上、水泳部を辞めることはできない。
マネージャーとしてでも残ってもらうことになる。
水泳部を去るときはこの学校を去る時だ」

と妻と太郎の前でハッキリ言っていたのに、水泳部を辞めて推薦クラスから一般クラスへ変わって勉強を頑張ることもできると発言した水泳部顧問。

 

 

 

あとで冷静になってから思ったのですが、水泳部顧問は太郎よりも水泳での成績が良いAを何とかして学校に残したい。

退学処分になればスカウトしてきた自分の責任にもつながる。

逆に太郎が学校を辞める場合は自主退学となり、別の高校へ行くにしても自主判断ということだから編入学もしやすい。

もちろん自主退学ですから水泳部顧問の責任問題にはおそらく発展しないでしょう。

自主退学しないにしても水泳部を辞めて他のクラスへ移動すれば、タイムの良いAも水泳部で活躍できるし、別のクラスになるので接触がほとんどなくなり良いではないか。

そのためには太郎や私たち夫婦が嘆願書を書き、Aが退学処分にならないように校長などを説得する必要があるということでしょう。

すべては水泳部顧問自身の地位を守るための行動ではないのか。

 

 

たしかにうちの太郎はそんな大したスイマーではありません。

スポーツ推薦をもらえるようなスイマーだなんて思っていなかったし、実際のところ公立高校へ進学することを考えていましたから。

でも太郎はこの水泳部顧問が中学校へ来て引っ張ったんですよ。

「私が声を掛けさせてもらった生徒は100%入学してもらっています」

って、太郎や私のほか中学校の担任や進路指導の教師の前でハッキリ言ったんです。

 

 

 

水泳部員同士によるいじめ事案で退学者が出れば顧問の責任は重大でしょう。

また速い選手が学校から去る事態も避けたい。

太郎は水泳部にいなくても問題ないし、学校を去るにしても自主退学だから顧問への責任問題には発展しない。

学校に残るとしてもクラスを替わって水泳部は辞めることになるだろうから、水泳部顧問はあとは一切関係がなくなると踏んでいるのではないかな。

この水泳部顧問の頭の中では「いじめ」は特に問題とはしておらず、自己保身としてとにかくAが学校に残って水泳部に所属してくれていればそれで良い。

太郎が死を選び、そして手首を切ったことも、水泳部顧問にすればどうでも良いことなのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました