035 いじめが発覚して1年経ったけど何一つ解決していない

 

いつもの年明けと変わらないような気もするけど

元旦は妻の実家へ行って新年のあいさつを兼ねてお食事を楽しむ。

2日以降には独立した子供たちと一緒にお食事を楽しむ。

末っ子は2日くらいからスイミングが始まるので、独立した子供たちとのお食事は末っ子のスイミングの日程をにらんで決める。

これは我が家では定番のお正月の過ごし方です。

2021年もいつもの年と変わらないように過ごしました。

ただ違ったのは、2021年の始まりはいじめが発覚してちょうど1年でもあるわけで、私や妻の心の中は晴れ晴れとした状態ではなく、もやもや感が充満した年始です。

 

私や妻以上に末っ子は何かを思っていたのかもしれませんが、そのような様子は全く見せません。

いつもの年のお正月と同じように、妻の実家へ行ってお食事をしてお年玉をもらい、独立した兄たちとニコニコしながら話をして、食事の終わりには子供たちだけの集合写真を撮る。

 

それは1年前(2020年)も同じ。

ある駅のトイレ内で手首を切って自殺を図ったのが1月6日。

その3日前の1月3日に独立した兄たちとお食事をしながら話をし、食事後は店の前で集合写真を撮った。

 

形だけはいつもの年と変わらない2020年のお正月と2021年のお正月。

でも微妙な空気感が、ここ2年はそれ以前と違っていた気がする。

その微妙な空気感を1年前に気付いていれば・・・

これから毎年同じことを思い続けることでしょう。

 

 

2020年と2021年の1月6日

2021年の3学期始業式は当初1月4日の予定でした。

新型コロナウイルスによって授業時間の確保が必要と考えられていたからですが、ある程度のめどが立ったためか2020年と同じ1月6日に。

 

2020年1月6日も始業式でした。

しかし息子は学校へは行かずに、学校とは逆方向へ電車で向かった。

ある駅で降りて行くあてもなく数時間彷徨い歩き、ICOCAにわずかに残っていた残金で電車に乗り、朝降りた駅に戻ってきた。

駅のトイレに隠れていた息子にはやがて幻聴が聞こえてきた。

 

「お前なんか死んでしまえ」

 

ペンケースに入っていたハサミで手首を何度も切った。

右手首にはたくさんの傷跡が。

そのハサミは私が選んだ本当によく切れるハサミだった。

 

2020年1月9日に水泳部顧問に書かされた書面には

学校に行くのが怖くて無断で休んだ。そのときは、死ぬのが

あまり怖くなくて、午後3時半頃に○○駅のトイレの中ではさみで

手首を切って死のうと思った。切ったときに、血がたくさん出てきたが

イタみもあまり無かった。

 

いじめが発覚した2020年の始業式は1月6日だったから、2021年の始業式が1月4日に早まったのが正直うれしかったのだが、結局は1年前と同じ1月6日に。

 

前日のお昼ごろからソワソワしっぱなしになり

 

大丈夫なのだろうか

いじめ加害者のAは退学になった

水泳部も辞めた

でもちょうど1年前のことを息子が忘れるわけない

学校へ行けば水泳部顧問を見かける可能性はあるし

また逃げ出そうと思うのではないか

 

そんなことばかり考えました。

 

 

2021年1月6日

太郎を起こす。

どことなく顔が引きつっているように見えたけど、それは私がそういう色眼鏡で見たからだろうか。

それとも本当に顔が引きつっていたのだろうか。

正直なところ分からない。

でも朝起こしてから家を出るまでの間、口数が極端に少ない気がした。

 

休み明けの学校って誰でも何となく行きたくなかったり、何となくだるいなあって思うこともあるから、口数が少なくなるのは仕方がないのかな。

でも今朝の太郎はやや顔色が悪い。

そしてまばたきの回数が多い。

ただ2020年1月24日に水泳部顧問とテニス部顧問で担任だった教師に、考えや思いとは正反対のことを圧力を掛けられて書かされた以降に頻発した、激しいまばたきと立ち眩み状態(起立性調節障害)に比べればマシではあった。

でも太郎の様子を見ているとこちらまで鼓動が激しくなって、ものすごい不安に覆われてくる。

 

いつも通りの時間に家を出て学校へ向かった太郎。

 

1年前に登校していないと学校から電話がかかってきたあの時間まで、本当に生きた心地がしなかった。

 

 

1年前とは違っていたけど

始業式を終えて無事に帰ってきた太郎。

その顔には笑顔も。

そして1年前とは違い習字道具も持ち帰ってきた。

1年前の1月6日はさまよい歩く途中でまっさらの習字道具をどこかに捨てたらしく、一度も使うこともなく戻ってくることもなかった。

そして今年の始業式でも書初めを行うということで、またまっさらな習字道具を買って持たせたのでした。

昨年とは違う商品を買った。

今年は墨で汚れた習字道具が家に帰ってきた。

 

「(書初め用の)長半紙じゃなくてふつうの半紙がいるんやってん」

「え?ふつうの半紙は持って行ってなかったやろ?どうしたん?」

「いっぱい持ってきていた友達にわけてもらった」

 

昨年の同じ日は学校へ行くのが怖かったし

幻聴で

「お前なんか死んでしまえ」

とまで聞こえたのに

今年の同じ日は“友達”にわけてもらった・・・

たったこれだけのことだったけど、ジーンときました。

 

1年前とは雲泥の差。

 

1年前も今年も退学となったいじめ加害者A以外は、みんな太郎に優しく接してくれていた。

だから対生徒に関して、太郎の気持ちに特段の変化はない気がします。

 

しかし対水泳部顧問、対元担任に関して太郎の気持ちの悪化はまったく改善されていません。

そりゃそうですよ。

形の上での謝罪の場は設けられたけど、水泳部顧問や元担任が太郎にきちんと謝罪したとは言えない状態です。

特に水泳部顧問はこちらからの質問に対してすべて自己擁護に終始しただけなのですから。

 

水泳部顧問は生徒指導副部長という地位に就いており、登校時は校門前に立っていることが多いようです。

その姿を見るだけでも嫌がっているようで、2年生の3学期、3年生の1学期と少しずつ登校時間が早くなっていくのです。

早く行けば校門前には教師はいない。

つまり水泳部顧問の姿を見ずに済み、嫌な声を聞かなくて済むのですから。

 

昨年の1月6日と違って登校はしたけど、太郎の心の中は何も変わっていない。

太郎の心の大きな傷はまだ全く癒えておらず、何も解決しないまま1年が過ぎただけなのです。

太郎だけではなく、私も妻も心の中のモヤモヤ感はどんどん広がっており、1年経って解決までの距離が離れていった感覚しかありません。

 

水泳部顧問の言動についてどういった真意があったのか、なぜ恫喝まがいの言動ばかり放っていたのかも聞けてはいません。

そして2020年1月24日に太郎の真意と真逆のことを無理やり書かせた書類(水泳部顧問と元担任が勝手にいじめ加害者の退学を免れるための嘆願書として学園長に提出した書類)には、元担任から聞いた話以外に太郎が何と書かされたのかがいまだにわかりません。

保護者に無断で嘆願書とした書類ですから、保護者としてはその全文を見る権利は当然あるでしょう。

だって太郎はその文書を無理やり書かされて以降、学校へ行くことができなくなるほどの大きくて深い心の傷を負ったのですから。

 

2021年は少しでもこの問題が晴れて視界が広がれば良いのですが。

 

← 034 笑顔を浮かべても表面だけ いじめの後遺症は根深く引きずる

036 なぜいじめ被害者の側が気を遣い遠慮しなきゃいけないのだ →

コメント

タイトルとURLをコピーしました