032 まるで逆恨み 体育の授業で問題教師は息子に圧力をかける

 

 

いじめや教師による圧力で登校できなかったことを知らない担任

太郎が通う高校では少しずつ登校しての授業を増やしていき、2020年6月22日からは通常登校で午後は三者面談を行い、6月29日から通常授業となりました。

妻は6月19日までは学校の近くまで付き添っていき、その後7月6日までは学校最寄駅まで付き添っていきました。

私も同様に6月22日まではスイミングスクールの前まで付き添って帰りは最寄駅から、そして7月6日までは行き帰りともに自宅からスイミングの最寄り駅の間で付き添いました。

 

水泳部顧問は軽い感じで

「わざわざ付いてきていらしたのですか?」

と登校開始直後に声をかけてきたわけですが、誰も好き好んで高2にもなる息子の付き添いをしているわけではない。

1月から3月まで学校へ行こうとすると起立性調節障害によって立っていられなくなり、転倒する危険性があるから怖くて付いて行っているわけです。

 

とりあえず親の目から見ても表面上は大丈夫なように見えるようになった、7月初旬までは付き添いを行いました。

その後も注意深く太郎の様子を観察し、少しでもおかしいと感じれば学校やスイミングスクールを休ませよう。

そう思いながらずっと太郎を見守り続けました。

 

 

2020年6月23日

この日は朝からかなり無口だった太郎。

午後から三者面談(正確には教師2人との四者面談ですが)があるからです。

妻は仕事だったので私が学校へ行くことになっていたのですが、太郎は3月4日の水泳部顧問らからの謝罪の面談の場において、私が当時の生徒指導副部長に対して殴り掛かりそうなほどの勢いで文句を言っていたのがかなり怖かったらしいです。

担任や副担任に対してまた強烈な文句を言うのではないかと思っていたそうです。

その場面以外のこともいろいろと思い出しちゃったのでしょうね。

 

面談の席ではおとなしくはしていましたよ、担任や副担任に文句を言っても意味がないし。

しかし担任は国語の教師で学年部長(学年主任)と接する機会は多いはずだし、副担任は体育科の教師なので体育教官室で水泳部顧問と接する機会があるはず。

ところが1年生の1月から3月にかけての「いじめの問題」や、水泳部顧問による「圧力」によって無理やり嘆願書を書かされ、それが原因で登校できない状態に陥ったことをあまり理解していないように感じました。

 

「卒業後の進路のことですが、希望する大学とか、そこまではなくてもどのような学部に興味があるのかなどは、お家でお話しされていますか?」

「いえ、いじめのことや水泳部顧問の暴言や圧力によって登校できるような状態ではなかったので、正直なところよく高校に復帰できたなと思うだけで、大学のことなど一切考える余裕がありません」

 

担任はポカーンとした顔をしていた。

副担任はなぜかニタニタしていた。

 

担任は太郎に何があったのかをあまり聞いていないのか。

副担任は水泳部顧問から、私や太郎の側が難癖をつけているとでも聞いていたのだろうか。

2人の表情からはそのように感じた。

話が広がって外部に漏れることを恐れて、ごく一部の教師だけで共有しているからだろうか。

 

ただ帰りは太郎が機嫌よくしゃべってくれた。

私がおとなしく担任と話をしたからでしょうね。

 

 

劣等感と恐怖感からの脱出

コロナ禍の影響で1学期の終業式は7月31日、2学期の始業式は一応9月1日となっていたが、8月17日からは全員出席の補講が行われ2週間の夏休みだった。

ただ太郎はスイミングスクールの夏の強化練習が8月8日から8月14日まで、そして翌15日は試合があるために夏休みは実質1週間。

短い夏休みながらも課題はきっちり出されており、強化練習の2~3時間の休憩時間に課題をこなすために課題持参で練習へ。

今までにも課題を持参して練習に参加したことはあるけど、今回は本当に合間の時間に課題をやっていたようです。

 

 

水泳で成績を残すことが優先されるスポーツ推薦枠から、一般入学枠へ回ったことで勉強もしなければいけなくなった。

しかし中学生までは学校での勉強をふつうにこなし、スイミングの練習も参加してきたことから、太郎の中では昔のリズムに近くなったのではないかな。

スポーツ推薦枠のクラスの人たちと仲が悪くなったわけではないが、水泳部を辞めて一般入学枠に回ったことでいろいろな呪縛から解放されたのかもしれない。

 

スポーツ推薦枠のクラスにいれば、男子水泳部員は全員太郎より速い人ばかり。

何せJOやインターハイなど全国大会に出場するような人ばかりなのだから、どうしたって劣等感は感じてしまう。

そこに加えて退学となったAによる言葉による攻撃、水泳部顧問による無視や圧力に暴言。

そりゃあの教室に入りたいと思えるはずがない。

しかしAを除く男子水泳部員はみんな性格もよく、太郎も嫌っているわけではない。

劣等感や恐怖感に押しつぶされそうになっていたのだろう。

 

一般入試枠のクラスに移った2年生。

そのクラスにも運動部に所属する生徒はいるものの、あくまで一般入試によって学校に入ってきた生徒ばかりだ。

※一人だけスポーツ推薦枠のまま勉強もしたいと移ってきた生徒はいるけど

そして太郎は一般入試枠のクラスに換わっても1学期の成績は上位にいたことで、劣等感を感じる必要がなくなった。

 

でも水泳部を辞めたことで、水泳部顧問からの恐怖感を感じることが少なったのがもっとも良かったのだろうと思います。

 

 

体育の授業がある日の息子の様子

1学期は授業時間数の確保の問題があり、通常の時間割で授業を行うことができませんでした。

そのおかげで体育の時間数は少なく、水泳の授業も取りやめに。

選手として泳いでいる太郎はもちろん水泳が大好きなのですが、学校の水泳の授業となると水泳部顧問が担当するので私や妻は頭を抱えていました。

本当に水泳の授業がなくてよかった。

 

9月からは元の時間割通りに授業が進められました。

なので週に3コマほど体育の時間があります。

 

2学期が始まった当初はあまり気にならなかったのですが、9月の中頃になると体育の授業がある日は朝からものすごく体が重そうな、そんな印象を受けていました。

10月に入ると明らかに体育の授業がある日は朝から無口になり、学校から帰ってきた後もほとんどしゃべりません。

まさかと思って太郎に聞いてみると

 

「水泳部顧問は一言もしゃべらないけど、先生の後ろで腕組みをしてじっと見ている」

 

やっぱり・・・

水泳部顧問の圧によって、体育のある日の朝も夕方も無口になっているんだ。

 

 

「太郎元気か?とか、何かあったら何でも話してくれとか、水泳部顧問のほうから動いて話してくることはないの?」

妻が気になって太郎に聞いてみると

「一言もしゃべらない。腕組みしてじっと見ているだけ」

 

 

腕組みしてじっと見ているだけって、太郎に対して無言の圧力を掛けているにすぎないのではないか。

そもそも

「卒業までサポートします」

と言っていたはずだ。

サポートするからいじめ加害者Aが助かるための嘆願書を書けと、私どもにもそして太郎にも圧力を掛けながら言っていたのではないか?

結果的にAは退学になったわけだけど、それは学校側の判断であって嘆願書を書かせたという事実は消えてはいない。

 

つまり、いじめ加害者のAが退学になろうが関係なく、水泳部顧問は太郎が卒業するまでサポートをするという約束をしているわけです。

その約束が腕組みをして無言でじっと見ているって態度なわけ?

 

太郎に対して圧力や暴言をかけ続けたことで登校ができない状態になり、あまりにもひどすぎると思ったから私が理事長あてに抗議の文書を送っただけ。

それによって進退伺まで提出させられ、水泳部の廃部まで視野に入れると学園長に断言されたようだけど、太郎や私たちの側に非があるからこんな目にあわされたとでも思っているのだろうか。

まるでそこまで追い詰められたのは太郎の責任だとばかりに、逆恨みの気持ちから体育の授業中は太郎をにらみ続けている。

そんな風にしか取れないのだけど。

 

 

11月に入ると学校からの帰宅時、太郎の顔面が蒼白になっていることがたびたびあった。

それはやっぱり体育の授業がある日だった。

「最近は水泳部顧問が体育を受け持っている・・・」

太郎は押しつぶされそうなくらいの小さな声でつぶやいた。

 

← 031 登校再開も母が付き添っていたことに対する問題教師の発言

033 抗議の手紙を送っても電話の1本もかけてこない問題教師 →

コメント

タイトルとURLをコピーしました