024 いじめられた息子の様子に母親はイライラのピークに

 

スイミングスクールの近くまでは行くのだが

 

学校へ何とか行くことができた日を中心に、スイミングスクールへも足を運ぼうと何度も挑戦した太郎。

車で送ろうとしたときには、最初のうちは自宅とスイミングスクールの中間地点を過ぎたあたりに達すると、まばたきが激しくなって顔が青白くなってうつむき加減になる。

その後何度もトライして少しずつスイミングスクールまでの距離を詰めていったのですが、やっぱり無理。

一度なんて次の交差点を曲がればスイミングスクールに着く、という場所まで来れたけどそのまま引き返すこともありました。

 

また電車でスイミングスクールへ行くときにも私が付いて行ったのですが、あと2駅で着くというところで引っ返したり、スイミングの最寄り駅を降りて少し歩いたところで倒れそうになって行くのを断念もしました。

スイミングまであと50mのところまで歩いて行けたのに、そこからは体が硬直して動けなくなって引き返したこともありました。

 

実は太郎は倒れそうになったり、顔面蒼白な状態になりながらもスイミングスクールへ近付こうとするのです。

自分から行くことを断念したことは一度もなく、すべて私が無理だと判断して引き返すことにしたのです。

 

そのたびに太郎は大粒の涙を流しました。

 

太郎自身には何とかスイミングスクールには行きたい気持ちがあるようなのですが、いざスイミングスクールが近づいてくると心が抵抗して体が硬直する、こんな状況が何度も何度も続きました。

 

「昨日よりスイミングスクールに近付くことができたじゃないか、今日はこれで十分だ。よく頑張ったよ。」

私にすればそう言って励ますことしかできない。

 

内心では太郎はスイミングへは復帰できないだろう、もう泳ぐこともないだろうと思ってはいました。

でも太郎の頭の中には何とかスイミングに復帰したいという気持ちがくすぶっているのではないか。

大きな傷を負った心がそれを阻止しようと邪魔するけど、太郎はなんとかスイミングへ近づこうとする。

スイミングスクールのすぐ近くまでやって来れるようになっても、最後の最後に心が大きな抵抗を試みている。

そんな気がしました。

 

 

母親はイライラのピークに

いじめられて傷つき、さらに水泳部顧問によって追い打ちのようにさらに深い傷を負ったことは、私も妻も十分理解しています。

それでもいじめられて傷ついた息子・太郎に対してイライラしてしまうことはあります。

私は今回のいじめ問題について同級生だった加害者Aからだけではなく、水泳部顧問からずっと高圧的な態度や無視されていたことを聞き出す際に、なかなか話し出さない太郎に対して相当イライラしてしまってかなりきつい言葉で叱責してしまいました。

見る人によっては恫喝と取られても仕方がない状態でした。

でもその時の太郎の様子、またスイミングスクールへ何とか行こうとするものの行くことができない太郎の歯がゆさを見ているとイライラするどころか、どうすれば解決できるのか、どうすれば太郎に元の笑顔が戻ってくるのかを考えるようになりイライラすることは皆無となりました。

妻には太郎の様子を事細かく伝えてはいますが、太郎の細かい表情を読み取って言葉に変換して伝えることはやっぱりできません。

スイミングへ行けない太郎の心と頭のギャップを、私は妻にうまく伝えることができていませんでした。

 

 

2020年2月26日(水)

この日はマンションの1階で激しいめまいを起こして学校を休みましたが、お昼前にはすっかり元気になっていました。

またこの前日まで何度かスイミングスクールの近くまで行っては引き返すことが続いていたのですが、そんな太郎の様子を見て妻のイライラが一気に頂点に達しました。

「もう水泳はしないの?行く気がないの?」

太郎は妻の言葉に対して

「うん・・・」

としか返すことができません。

「もう水泳をしないのだったらこの家に住み続ける意味がないから引っ越す!」

無言になる太郎に対して妻は

「“うん”で返すのではなくてきちんと言葉で返して!」

この後も妻のイライラから発せられる言葉が続き、返事をすることもなくただ聞き続けるだけの太郎。

妻はこのあと仕事のために家を出たのですが、玄関のドアがパタンと閉まった瞬間に声を上げて泣き出しました。

 

太郎はスイミングへ行きたくないんじゃなく、行きたいけど行くことができないんだ・・・

 

 

2020年3月12日(木)

この日太郎は兄(太郎より6歳上で療育手帳所持)のちょっとしたちょっかいに対して異常に興奮したように怒りだしました。

太郎が本当に大事にしているスティッチのぬいぐるみに対するちょっかいだったのですが、そのことに対して本当に珍しく太郎が手を出しました。

おそらくこれもいじめによって情緒不安定になっているためだとは思います。

ただその様子に対して妻が太郎をたしなめました。

 

すると太郎は布団に入ってから泣き始めました。

その様子にイライラしたのか妻が

「なに泣いているの?」

「言いたいことがあるんやったら言葉で話して!」

「こっち向いてしゃべれば!」

これらの言葉に太郎は尋常ではない泣き方を始めました。

そして呼吸が荒くなっていくように感じたので、私は太郎を布団から出して抱き寄せました。

どんどん呼吸が荒くなっていきます。

いじめ加害者のAとその家族が我が家の近くまで来ているとの連絡を受けて以来の過呼吸です。

またこの時は一般的に言われる過呼吸よりも息が激しく、さらに全身が痙攣しているような状態で、異常なほど強い力で私の腕を握りしめてきたので、てんかんにでもなったのではないかと思ったほどでした。

 

 

背中をさすりながらゆっくり呼吸するように太郎に言い、少し呼吸が整ってきたところで温かいミルクティを飲ませました。

さすがに妻もかなり慌て、そして太郎に謝罪しました。

このような状況を目の当たりにしないと、いじめによる被害を受けたとしても元通りに戻らないことに対してイライラしてしまうものなのです。

ただこの一件以降は妻も太郎を冷静に見ることができるようになり、イライラして当たることはなくなりました。

 

 

いじめは登校できれば解決ではない

子供が受けたいじめによる被害って、子供だけではなくその家族にも様々な悪影響を及ぼすものなのです。

いじめによって不登校になった子供が、何とか登校できるようになったから問題は解決なんてことは絶対にないのですよ。

 

いじめ被害者が心に負った傷は簡単に治るものではなく、数年とか数十年という単位でその傷がさまざまな影響を及ぼします。

いじめ当時の様々な記憶が蘇っても来るでしょう(フラッシュバック)

同じような場面に遭遇すれば、冷や汗が流れて体がまた硬直するかもしれません。

また太郎の場合ですと、ちょっかいを掛けられたり“からかわれ”たりすると、急に怒り出して手を出してしまってから涙を流す、そんな情緒不安定ともいうべき症状が顔を出すことがあります。

 

またいじめられた子を持つ保護者だって

なぜ?

どうして?

という気持ちから子供を激しく叱責してしまうことだってあるのです。

 

朝は学校へ行くのが困難な状況だけど、お昼前になったらスマホをふつうに操作してゲームができる。

なのに夕方スイミングスクールへ行ったかと思うと、朝と同じような状況になって引き返してくる。

子供はサボろうとしているわけではなく、いじめによって心と頭がバラバラになって行きたいのに行けない状況なだけ。

でも保護者にすればやはりサボっているように見えたりする。

それでついきつく当たってしまう。

きつく当たってしまったことを後悔し、今度は保護者の気持ちがふさがってしまう。

 

いじめられた子供を持つ保護者の方へ イライラしてしまいますよね?
いじめの詳細はいじめられた子供に聞くしか いじめの詳細を知ろうとすると、いじめられた子供から「いつ」・「どこで」・「誰に」・「どんなこと」をされたのかを聞きださなければ分かりません。 教科書やノートが落書きされたり破かれ...

 

ようやく登校できるようになったとしても子供の心の傷は全く治っていないし、その様子を保護者は毎日心配しながら見守っている。

 

今日も10時を回っても学校から電話がなかったから、無事に登校したんだな。

そして

学校から無事に帰ってくるまでソワソワする。

いつもより帰りが10分遅いだけで心臓がザワザワして落ち着かない。

 

本当にそんな状況なのですよ、いじめに遭った子供とその保護者って。

 

← 023 いじめ禍の克服はできる限り寄り添うことが一番ですが

025 市立尼崎高校水泳部のいじめ問題との共通点と思うこと →

コメント

タイトルとURLをコピーしました