2-幻聴の恐怖に耐えていたことには気付かなかった

いじめが発覚するまで

反抗期なのかと思っていた

一般的に第二次反抗期と呼ばれるものは、体が大人へと変化するとともに心のギャップが大きくなってくる中学生くらいから現れると言われています。

親に反抗的な態度を取ったり、それまではキチンと挨拶をしていた子が無視するような態度を取ったり。

太郎の場合は2019年7月頃から徐々にあまり喋らなくなったように記憶しています。

 

夜スイミングスクールから帰ってきてもほとんどしゃべらない。

当初は私も妻も、スイミングスクールでの練習がかなりきつくなっているのだと思っていました。

日によっては顔を青白くして家に入ってくることもあり、これまでになくハードな練習をしているのだと本当に思っていました。

そのうちスイミングスクールへ行っていない日でも

「そう」「うん」「いや」

くらいしか喋らなくなっていったので、これは反抗期が到来したのだろう。

ハードなスイミングの練習と反抗期が相まったのだろうし、まあ年頃だししかたがないかなと諦めモードになっていました。

 

そういえば学校から帰ってきたときも喋らない日があるな・・・

 

こちらが話したことに対してうなずく程度の事しかしなくなり、反抗期が落ち着くまでは放置していようと思ったのです。

 

 

大好きなおかずを拒否するようになった

これも不思議でした。

太郎は肉より魚が好きで、特に刺身に目がありません。

普段はスーパーなどで購入してくるのですが、水泳の試合で自己ベストを更新したときには近くの魚屋さんで魚をさばいてもらって、そこそこの金額を奮発して刺身を食卓に出していました。

 

ところが2019年夏ごろから試合が終わった後に

「刺身を買いにいつもの魚屋さんへ行く?」

と問いかけても

「刺身なんかいらない・・・」

 

たしかに高校1年生になってからは水泳の試合で自己ベストを更新するどころか、はるかに遅いタイムしか出せなくなっていました。

後に肩痛がかなりひどいことが判明したのですが、この頃はそんなに肩の状態が悪いだなんて知りませんでしたので、タイムが伸びてこないから大好きな食べ物も欲しいとは思えなくなっていたのかな、そんな風に思っていました。

 

 

異常に短くなった入浴時間

わりと長風呂だった太郎ですが、2019年秋ごろになるとそれまでの長風呂がウソのように、短時間で上がってくることが多くなりました。

それもお風呂場から

ガラガラドンドン!

何を焦っているんだろうと思うほどの大きな物音を立てて、慌ててお風呂場からリビングへやってくるようになったのです。

 

また脱衣場(洗面台)のドアを開けっぱなしで入浴していることが多く、年頃なのになぜドアを開け放っているのかは理解できずにいました。

 

このときも妻とは

「スイミングの練習がきついから、烏の行水でサッと出てきて早く寝たいのだろう」

そんな風に思っていました。

 

 

いじめやプレッシャーなどが原因で幻聴が・・・

反抗期なのかなと思っていたまともに返事もしない件は、水泳部顧問や同級生の水泳部員Aによるいじめが最大の理由だったようです。

さらにスイミングスクールではかなり速い選手が他のスイミングスクールから移籍してくるなど、太郎にしてみれば相当プレッシャーを感じていたのでしょう。

 

大好きだったお刺身だって、まったく食べる気がしなかったのだと思います。

後輩たちはどんどん速くなっていくのに、自分は肩が痛くて満足に泳ぐこともできない。

さらに水泳部員Aによる屈辱と軽蔑に満ちた言葉で追い詰められれば、そりゃ何も食べたくはない、何ものどを通らない状態になりますよ。

 

そして心はどんどん追い詰められていき、やがてスイミング帰りのガラガラの車内で誰かに睨まれてにらまれているように感じだし、さらには幻聴が聞こえだす。

 

お前なんて水泳を辞めてしまえ・・・

 

事態は好転することなく、太郎の心はさらに追い詰められてしまい家のトイレやお風呂でも

 

水泳なんて辞めてしまえ・・・

全部お前が悪いんだ・・・

 

と言った幻聴が聞こえてくるようになり、恐怖のために慌ててお風呂から上がってくるようになったのです。

そりゃあ脱衣所のドアだって開け放っておきたくなりますよ。

 

そんな状態の中、学校へ行くのが怖くなって学校とは反対方向への電車に乗り、ある駅のトイレの中で聞こえてきた

 

お前なんか死んでしまえ・・・

 

という幻聴。

学校へ行っていじめ加害者の水泳部顧問や水泳部員Aに会うより、駅のトイレ内で手首を切るという選択のほうが怖くはなかった。

これが手首を切るという選択ではなく、列車に飛び込むという方法を選択していたら・・・

 

 

普段とは違う行動を目の当たりにしていたのに

毎日子供と接していて、明らかにそれまでとは違う行動を取っていたにもかかわらず、私は子供がいじめやプレッシャー、そして幻聴に悩まされていたことに気付いてあげることができませんでした。

あと一歩踏み込んで

 

練習がきついの?

体調はどうなの?

学校でイヤなことはないの?

 

と言ったことをもっと聞くべきだったのかな。

もっとしつこく聞いておれば、何が今起こっているのかを話してくれたのだろうか。

それとも

私のことを鬱陶しくてイヤな存在だと認識されてしまい、もっと距離を取ろうとしたのかもしれない。

するともっと悲惨な結果を招いていたかもしれない。

 

今でも答えが見つからないです。

ただとにかく

もう二度と同じようなことが起こらないようにと、今はただ見守りつつ極力普通に接するだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました