1-中学3年生の夏以降はタイムが伸びなかった

いじめが発覚するまで

スポーツ推薦が決まった府県の総体

私立高校へのスポーツ推薦が決まった府県の中学校総体ですが、実はこのときすでに体に異変を感じていたのではないかと思うのです。

府県の中学総体の1か月前の試合で、肩が痛いとの理由で初めて棄権したことがありました。

このときはリレーのメンバーにも選ばれていたことから、ひょっとしたら体力を温存するために個人種目を回避してリレーにだけ出るのかなと思っていました。

 

府県の前には市の中学総体があり、その時には前日から肩が引っ掛かるような感じがあり、泳ぐと痛んできたと言っていました。

 

私は水泳の経験がないために、肩が痛いというのがどの程度のものなのかが分かりません。

泳ぐのが困難なほど痛いのか、無理すれば泳げる程度なのか、泳ぐどころか肩を動かすと痛いくらいなのか。

市総体の試合後に、試合前日に異常を感じていたのならばシップを貼るとかストレッチをしてみるとか、体のケアもしなきゃいけないんじゃないのか?とは言ったのですが・・・

 

府県総体ではベストをマークしてスポーツ推薦をゲットできたわけですが、この時も息子に笑顔はありませんでした。

素人の私がこのときの息子の泳ぎを見て、バランスは悪いし無理して泳ごうとしていると感じたのです。

かなり肩の状態が悪かったのかなと、いまはそう思います。

 

 

タイムがまったく伸びない

夏の府県の中学総体でベストタイムを出して以降、なかなかタイムが伸びませんでした。

それどころか数秒下回る状態が続きました。

 

今でも忘れられないのが、高校入学後としては初めての試合でスイミングスクールから出場した試合での事です。

試合会場へ行く車中での顔が引きつっているように感じ、試合前は無口なのですがいつも以上に分厚い壁を置いているように感じました。

その試合の1週間後には高校の水泳部員として初めて臨む試合があり、いろいろと思うことがあったのだろうとは思います。

 

試合結果はベストタイムを2秒以上下回りました。

 

試合が終わり車に乗り込んできた息子は、ドアを閉めると大声で泣き始めました。

 

スポーツ推薦で入学するのにタイムが伸びないというプレッシャーに押しつぶされそうになったのでしょう。

来週には高校水泳部から出場する試合があり、多くの選手はインターハイや国体に出場しているし、一緒に入学する水泳部の同級生は息子以外の全員がJOや全中に出ています。

その中で中学生にも負けてしまうタイムしか出ない悔しさ。

本当にしんどかったのだと思います。

 

そして翌週の高校水泳部から出場した試合ではさらにタイムが悪くなり、帰りの車中では青白くなった顔の息子の横顔にかける言葉も見つかりませんでした。

 

いじめが発覚してから息子に聞いたところでは、この高校水泳部から出場したときが肩の痛みのピークだった。

本当は泳げる状態ではなかったのでしょう。

 

いじめが発覚する前、最初に学校へ行かずに行方不明になったときには、水泳のタイムが伸びないことが原因だったのだろうと本当に思いましたから。

 

 

肩の痛みの程度が分からなかった

タイムが伸びないことに対して、水泳経験者の妻は息子にフォームに関するアドバイスを送り続けていました。

上下動が激しすぎるから修正するほうが良いと言われ、素直に受け入れてフォームを改善して中学総体ではベストタイムをマークした。

ところがその後はタイムが伸び悩んだこともあり、少し元のフォームに戻すほうが良いかもと言ったアドバイスを送ったりもしていました。

私はもっとも言ってはいけない、最後は気合で乗り切るしかないなんてことを・・・

 

でも本当はフォームや気合の問題ではなく、肩が痛くて泳げる状態ではなかったはずです。

 

数回は肩のことを聞いたりしていましたが、それがどの程度の痛みなのか分からなかった。

湿布や塗る痛み止めなどをいろいろと購入はしたのですが、息子はあまり使っていなかったと今は思います。

そんな程度で治る状態ではなかったのでしょう。

 

気付いてあげられていれば、中学生の間に病院や接骨院に連れて行ったのに。

息子ももう少し肩の痛みのことを言ってくれれば良かったのに。

 

 

選手として泳いでおれば故障箇所があるのが当然だし、接骨院などへ通っていない選手はいない

 

 

こんなことを知ったのはいじめ発覚後で、スイミングスクールのコーチに指摘されてからでした。

無知な親のせいで息子を苦しませてしまったことは、本当に申し訳なく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました